Category Archives: 被ばく評価

福島県「聖火リレーコース線量調査」が示す放射能汚染状況

 福島県は1月21日「聖火リレールートにおける環境放射能モニタリング結果」を発表しました[1]。その結果によれば、車道では「平均値は0.04~0.15マイクロシーベルト。測定地点の最大値の0.46マイクロシーベルトは郡山 … Continue reading

Posted in 00原発, 01大気汚染, 04土壌汚染, 90その他, 被ばく評価, 避難の権利 | Leave a comment

早野龍五・東大名誉教授は論文を撤回すべきだーデータ不正使用と被ばく過少評価過論文

早野龍五・東大名誉教授らによる伊達市民のガラスバッジ測定データの不正使用、被ばく過少評価の誤り論文(宮崎・早野論文)が問題になっています。 2019年1月18日、南相馬・避難20ミリシーベルト基準撤回裁判報告集会において … Continue reading

Posted in 90その他, ガラスバッジ, 被ばく評価 | Leave a comment