共同ラボ環境


 測定機器

ゲルマニウム半導体測定器
水、食品、土壌、尿などのガンマ線スペクトル分析によりガンマ線核種分析
と定量を行います。セシウム134,137で0.02ベクレル/Kg*程度の定量が可能
です。(*2016/8改訂:測定限界はサンプル量、密度、測定時間などにより変わります)
検出部半導体は相対効率50%の超薄手のカーボンウインドウを備えたPタイプ
高純度ゲルマニウム(HPGe)、データ収集はItech technologies社ORION
デジタル収集システムです。解析ソフトはItech technologies社InterWinnerです。
IMGP0275

 

 

 

 

 

NaIシンチレータ測定器
ベラルーシATOMTEX社製AT1320B:数Bq以上/Kg~数十万Bq/Kg程度の
測定(土壌、食品、ハウスダストその他)をします。高精度測定必要かどうかの
粗分析にも用います。

AT1320A ベラルーシATOMTEX社製

NaIシンチレーションサーベイメーター
ガンマー線空間線量率を測定します。 自治体などの測定で標準的に用いられる機種です。


TCS172B 日立アロカ社製

GMサーベイメーター
β(γ)線表面汚染を測定するサーベイメータです。 自治体などの測定で標準的に用いられる機種です。

GMサーベイメータ TGS-146B
TGS146B 日立アロカ社製


共同ラボ所在地
 
 〒190-0181 東京都西多摩郡日の出町大久野7444
  アクセス:
     ・電車の場合:JR立川駅経由青梅線拝島駅経由武蔵五日市駅下車
            タクシー5分:㈱国際メディア前で下車。
   ・お車の場合:中央高速八王子ICよりあきる野方面30分
                       圏央道日の出ICより日の出方面10分  

clip_image002 clip_image002[4]
chikurin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちくりん舎への道のり

武蔵増戸駅の改札を出て右に曲がると、

突当たりに100円ショップが見えます。そこを右折し、踏切を超え、約1km道沿いを直進すると、

「西平井」の信号が見えます。ここを左折し、約1.5km道沿いを直進すると、

「かやくぼ」の信号が見えます。ここのT字路を右折し、約1km道沿いを進むと、

左手に、お地蔵さんが見えます。ここを左折し、道沿いを約500m進み、急な坂道を登ると、

(株)国際メディアが見えます。ここの看板とモニュメントの間にある、小道を入ると、

ちくりん舎に着きます。

 

 

convert this post to pdf.

Comments are closed.

↓