放射能汚染ごみ焼却ー大崎住民訴訟での排ガス精密測定結果が出ました

皆さま、本年もよろしくお願いいたします。

昨年末12月27日に大崎市住民訴訟における排ガス精密測定結果について、同裁判原告弁護団から記者会見が行われました。

12月28日河北新報朝刊で排ガス調査結果が報道されましたのでご紹介いたします。河北新報記事にありますようにバグフィルタからの微小粉塵漏れが計測できました。バグフィルタの粒子個数濃度(質量基準)で99.99%回収しているから安全とする国立環境研の論文の結果の3から13倍に当たる量です。これは裁判において原告側にとって極めて有力な証拠として主張できるものです。

2021_1228河北新報記事

記者会見当日に配布されました、ちくりん舎作成の分析結果報告はこちらからダウンロードできます。

今回、残念ながらセシウム濃度は検出下限以下でした。これは大崎市の放射能ごみ焼却が一般ごみとの混焼により極めて低濃度に希釈されていることによるものです。しかし、低濃度とはいえ7年間もの間、セシウムを含むばいじんが大気中に排出されることは風や地形の影響で特定の場所に滞留、蓄積され、住民の内部被ばくリスクを高めるものとなります。

本排ガス測定に際しては排ガス採取と分析の費用を原告側が負担しなければならなかったため、急きょ原告団・支援する会から寄付の呼びかけがおこなわれました。ちくりん舎もその呼びかけをご紹介し、期限の11月13日までに330万円と目標を上回る寄付が集まりました。ご寄付いただいた皆さまにあらためてちくりん舎からもお礼申し上げます。

ちくりん舎HP上での報告が遅くなりましたことをお詫びいたします。

より詳しくは1月14日発行予定のちくりん舎ニュース28号で解説いたします。ご期待ください。

また、ちくりん舎ニュース28号記事内容などについて、ちくりん舎オンライン学習会・懇談会を2月4日(金)19:30から21:30頃までの予定で行います。詳しくは、後日、本ウエブサイト上やメーリングリストでご紹介いたしますのでご注目をお願いします。

 

 

convert this post to pdf.
This entry was posted in 00原発, 01大気汚染, 04土壌汚染, 05食物汚染, 06内部被曝, 放射能ごみばらまき. Bookmark the permalink.

コメントを残す